HOME | サイトマップ
メインメニュー

2.利用者に対する理念・基本方針

[管理方針TOPへ]

平等かつ公平な利用の機会を確保
北区では、区民の体育及びレクリエーションの普及振興を図る目的として、だれもが身近な地域でスポーツ・レクリエーション活動を行なえる場の提供と、いつでも気軽に参加できる機会の拡充を推進しています。
私たちは、公の施設を管理運営することの重要性を十二分に認識し、利用者に対し平等かつ公平な利用の機会を確保すると共に、行政の代行者であるという指定管理者の基本姿勢により業務内容を把握し、適正な管理運営を行ないます。

新しい取組みによる新しい利用者層の確保
区民のニーズは年々多様化しており、従来の競技指向・体力強化の目的に加え、幅広い年齢層を対象とした健康づくり・地域コミュニティづくりの推進が求められています。
私たちは、「スタッフによる明るく元気な挨拶」「利用者や区民とのコミュニケーション」を大切にして施設のイメージアップに努めます。また、子供からお年寄りそしてハンディキャップのある方まで幅広く多くの利用者に、気軽にスポーツに参加していただく機会を提供し、多くの利用者が日常的にスポーツに親しみ、健康づくりやリフレッシュの場となることを目指します。
親子で楽しめる“野球教室”“サッカー教室”、高齢者対象の“ウォーキング教室”“ニュースポーツ教室”等、今までスポーツに親しむ機会の少なかった方々が参加しやすい、幅広い年齢層に対応したレクリエーションスポーツのイベントを積極的に開催し、固定的な利用者に加えて新しい利用者の発掘を推進し、より多くの方がスポーツを身近に感じられる運営を行ないます。施設の維持管理だけに留まらず、その利用価値の向上を目指します。

利用者に対する理念・基本方針

Copyright © 2008- Nippon Paper Development